クラスTシャツを作ろう|団結力がすこぶる高くなる

オリジナルの衣装を作る

簡単にデザインできる

パーカー

学校行事の文化祭や体育祭などでクラスメイトみんなでお揃いのパーカーを着用したり、部活動やサークル活動でユニフォームとして使用するため、専門の業者にオリジナルのパーカーをオーダーすることがあります。
オリジナルのTシャツを作る場合は自分でパソコンを使って作ることもできますが、パーカーの場合は自分で作成するのが難しいです。
また、クラスメイトやチームのメンバー全員のパーカーを人数分作成しようとすると何十枚も作らなければならないので、時間も手間も掛かります。
業者にオーダーを依頼する方が手間もなく、仕上がりもキレイに出来上がります。
インターネットから簡単に注文できるサイトが多く、注文の仕方も難しくありません。
デザインもスマホやパソコンから送信する場合が一般的です。
テンプレートからデザインや入れる文字、位置などを選ぶだけでできるような、デザインの技術がなくても簡単にオーダーできるショップから、一からデザインを作成してオーダーができるショップまで幅広くあります。
パーカーそのものの素材やカラーを選べるので、印刷するインクのカラーとの組み合わせによってもオリジナリティが出せます。
まとめて数十枚注文することで一枚当たりの単価が安くなるものが多く、学生でもオーダーしやすいととても人気です。
みんなで同じデザインのパーカーを着用することで、チームとしての団結が高まり、のちに思い出として残しておくこともできます。

チームのための準備

男性

チームのためにオリジナルユニフォームを作る必要がある場合、まずはコストを決めましょう。
基本的に一人当たりどのくらい支出できるのかによって選択できるオリジナルユニフォームの素材や種類が変わります。
現状は安価なオリジナルユニフォームを手に入れたい場合はTシャツをユニフォームにするという手もあるのです。
この場合、一人当たり四千円弱の費用で済みます。
コストを決めた後はオリジナルユニフォームの制作を依頼する業者を選びます。
野球のように特殊な素材を用いたユニフォームを作る必要がある時は、対応してくれる業者に申し込みします。
このオリジナルユニフォームの制作業者はインターネット上で見つけ出せますので、希望するサービスが揃っている場所を絞り込むと良いでしょう。
申し込みも制作業者のサイトから行えます。
またサイト経由だけでなく、電話で相談できる業者もあります。
オリジナルユニフォームに使用する素材は自分達で作成したデータを送ったり業者が用意しているものを使ったりします。
多様な種類のテンプレートを用意している業者を使った方が、選択肢が広がります。
まずオリジナルユニフォーム制作の依頼を出した際は希望するデザインや枚数、サイズを伝えることになりますので、考えておきましょう。
最終的に制作するものの形が定まったら、業者側から見積額を提示してもらえます。
完成した商品は希望する場所に配送してもらえます。
利用の際は料金の支払い方法を確認しておきましょう。

費用が違う理由

Tシャツ

スポーツ大会や学園祭などのイベントでお揃いのクラスTシャツを着たいという学生さんにとって費用は気になるところです。
全員でお金を出し合って作るため、なるべく負担が無い金額でできるクラスTシャツを選びたいところです。
オリジナルのデザインで作ることができるクラスTシャツは様々な費用から選ぶことができます。
ベースとなるTシャツの素材の品質によってまず費用が大きく変わってきます。
何度洗濯しても形が崩れにくいなど、耐久性が優れている物はそれなりに高くなるのが一般的です。
ある程度長期間着用することが前提となる場合は、耐久性があるクラスTシャツを作っておいた方が結果的にはお得となる場合もあります。
しかし数日間だけ着用するのであれば耐久性は二の次で良いという場合もあるでしょう。
どういった用途でどれくらいの期間着用するかによって、まずはベースとなるTシャツの素材を決めましょう。
次に費用の差が出てくるのはプリントの部分です。
クラスTシャツを作成する業者によってそれぞれに違いはありますが、大体の場合、使用する色の数が多くなるほど高くなることが多いということを頭に入れておきましょう。
なるべく予算を安く抑えたいのであれば、少ない色数でデザインを考えるといった工夫をしてみましょう。
単色でもTシャツ自体に色があれば、派手に見せることもできます。
安く作れるようにクラスみんなでアイデアを出し合って、世界で一つのオリジナルのクラスTシャツを完成させましょう。